ジャイアンとの散歩の終わりに予約をした天天厨房の開店時間まで、食べログ情報の間違いのせいで時間つぶしをしなくてはならなくなりました。
14_170515_0022 14_170515_0021
ゆっくりと腰を落ち着けるほどの時間はないので、近場でサクッと飲めそうな場所を探して辿り着いたのが「厨房 子だぬき」です。

入ってすぐ右手に7~8名のカウンター、左手に4人用のテーブルがあります。何時から開いているのか判りませんが、先客はいらっしゃいません。ご夫婦でやっていらっしゃるようです。テーブル席を勧めてくださいましたが、今回は長居出来ないのでカウンターに座りました。

歩き続けて喉が渇いている筈のジャイアンは、何故かビールではなく黒ホッピーだそうです。それじゃ、私はレモンサワーください。
14_170515_0076 14_170515_0012
お通しは蕗の煮物です。程良い歯応えが残って美味しい味付けです。目の前に俳優の佐藤二郎さんの本が置かれていましたので、常連さんかもしれませんね。
14_170515_0014
ご亭主が一人で作られていますが、メニューのジャンルが驚くほど幅広いです。テーブルに両面のメニューがありますが、頭上の黒板にもタクサンのメニューがあります。寿司、ラーメン類、ピザ、餃子等の点心、中華の炒め物類、グラタン、オムレツ、焼き鳥、お好み焼き・・キリがありませんね~
14_170515_0017
チェーンの居酒屋サンや、作り手サンが何人かいるお店でしたら多彩なジャンルのメニューがあるでしょうが、お一人で作られるとなると、このご亭主はどのように修行されてきたのでしょう
ジャイアンが黒板から鯵のなめろうをお願いしました。
14_170515_0018
なめろうは少しニンニクの風味がしましたので、ジャイアンにお任せしました。私は海老春巻揚げを頂きました。自家製の海老春巻は、海老の食感が大きく残ってサクサクプリプリです。
14_170515_0020
1本食べて写真の撮り忘れに気付きました。
頂いたものは、どれも丁寧に作られていて美味しかったです。

途中で常連さんが何組も入店されて気付きましたが、テーブル席の奥に座敷があり、思いのほか大きいお店でした。こだわりの日本酒や焼酎などは置いていないようですが、メニューが多彩で味もそこそこ良いので、地元の方たちには使い勝手が良いのではないでしょうか
わざわざここを目的に遠方から行くというより、近くにあってたまに顔を出したくなるお店という感じでした。


近くにあったら常連になりそうなにポチッとお願いします。
   

人気ブログランキングへ