写真整理中のヨーロッパ旅行ですが、カメラ+3人のスマホにデータがあるうえに枚数が多くて捗りません。
おいおい進めていきますが、今回の旅行中みんなのテンションが一番上がったのがチェコのビールのハーフアンドハーフでしたので、一足先にご紹介します。

日本のように混じりあったものと、キレイな2層になったものの2種類があることが判り、2層になったものを飲みたいとなりました。チェコでビールを頼むときに必ず聞いてみたのですが、混じりあったタイプにしか巡り合いませんでした。

プラハでも見つけられずにいましたが、チェコ4泊目のブルノのStopkova Plzeňská Pivniceでとうとう見つけました。
DSC_0743 - コピー
このハーフアンドハーフは飲み終わる最後の最後まで混じりあうことなくキレイな2層になっていて、黒ビール・ハーフアンドハーフ・ピルスナーと3つの味を楽しむことが出来ました。
0.3ℓは26チェココルナ(CZK)、0.5ℓで39CZK、1ℓだと76CZKと少しずつ安くなります。
当日のレートは1CZKが4.21円でしたので、一般的な0.5ℓで164円、なんと1ℓは320円という安さです。
当然のことですが、ドイツと同様に目盛までシッカリ注がれています。日本の居酒屋で見掛ける泡ばかりビールは絶対にありません。
DSC_0745 - コピー

レストランでこの価格ですので充分な安さなのですが、スーパーでは7CZKくらいで0.5ℓ瓶ビールが購入できました。つまり、30円程度ということです。
瓶代が3CZK掛かりますが、空き瓶を返却すれば戻ってきます。
缶ビールは若干高めですが、それでも10CZK前後でした。羨ましい~
しかも、チェコのビールはどれもレベルが高く、とても美味しいのです
ビール消費量世界一になるはずですね~

ちなみに、帰国後知ったのですが、この2層のビールは日本ではブラックアンドタンというそうで、注ぎ方で自分でも作れるようです。


自分でも2層ビールに挑戦しようと思っているにポチッとお願いします。
 
 
人気ブログランキングへ