飲んだり食べたり遊んだり~今日は何をしようかな~

定年までいると思っていた職場を早期退職し、のんびり充電中。   某企業技術者の夫ジャイアン、某パン屋の職人をしている息子のもじゃ、そしてこの春大学院を修了し就職の為愛知在住となった娘チビタとの賑やか4人家族。

カテゴリ:食いしん坊 > 北海道

帰京する前日に、スープカレーが食べたいというチビタと厚別のふらのやに行ったのに、なんと不定休のお休みだなんてね~
頭はすっかりスープカレーモードのチビタのために、代替策として帰京する際に空港で食べることにしました。

お昼時を過ぎた時間なので空席もイッパイ見えますが、女性客が一人店外の順番待ちの椅子にお待ちです。名前を記入する用紙も見当たらないので中を覗いてみると、気付いたホールスタッフの女性が出てきました。
椅子で待っている女性に気付き順番待ちの用紙を表向きにしながら、その女性だけを案内していきました。何も声を掛けられなかったので用紙に記入していると、別の女性スタッフが怪訝そうに「入れますよ」・・あ、そ・・なんだよ・・・

レジ近くの4人掛けに案内されました。隣のテーブルとの間は狭いです。空港を利用する方々は荷物が多いんですから、もう少しゆったりめの配置がウレシイですね~。

チビタはチキンto野菜カレーのオリジナル・辛さ2、私は八百屋の野菜スープカレーの焙煎海老スープ・辛さ3にしました。3が中辛位と書かれています。
ご飯は小S(150g)にしようかと思いましたが、以前他店で小にしたらやたら少なかったことを思い出し、並M(200g)にしました。
プレーンラッシーも頂いてみましょう~
他の店舗と同じ設定なのか、空港価格なのかは不明ですが結構よいお値段ですね~。
10 スープカレー_170315_0004
ラッシーはすぐに運ばれましたが、カレーの辛さが分からないのでガマンガマン・・
しばらく待ってカレーの登場です。
10 スープカレー_170412_0001
ご飯は軽めに見えます。
並盛にして良かったわ~
ご飯についているレモンはどうするの説明はなかったので不明です。不親切ですね~オネエサンたち、そんなに忙しくないでしょ~
10 スープカレー_170315_0021
チビタのオリジナルを一口貰ってみました。辛くないけれどスパイシーです。
エビスープは一口で海老を感じました。全然違いますね~エビスープ美味しいです
辛さ3は、普通の辛さ・・普通って個人差がありますけれど、汗ばむほどではないくらい・・あ、これも個人差がありますね。
10 スープカレー_170315_0022
野菜の量はそこそこです。さほど多くはありません。もうチョット多くてもイイかなぁ~
それにしても、スープカレーを食べるたびに思うのですが、一口では食べられない大きさの具材の中にはスプーンとフォークでは切り難い物もあるんですよね~苦労して一口大にしているのは私だけでしょうかね~
それほど多く見えなかったご飯も、ちゃんとお腹イッパイになる量でした。200gですものね。
10 スープカレー_170315_002310 スープカレー_170315_0002
エビスープは、私が今まで食べたスープカレーの中でもかなり美味しいと思いました。食べ終わってからもしばらくの間、海老の香りが漂っていました。海老好きサンにはおススメしてみようかなぁ~

残念ながらお忙しい昼時が過ぎてお疲れだったのでしょうか、オネエサンたちは皆さんあまり丁寧な接客ではありませんでした。殆どが観光客と出張者という空港ならではの接客でしょうかね~美味しくても接客の良くない店へのリピートはないと思いますので、一見さんを大事にしなきゃいけませんね




レモンの使い方を教えてほしいにポチッとお願いします。
   

人気ブログランキングへ 

ここ数日天候は芳しくなかったのですが、気温だけはやっと春らしくなりました。
チビタの寝具の洗濯は出発後すぐに済ませたのですが、もうボアシーツは要らないだろうと家族全員のシーツや毛布、タオルケットを洗濯し続けました。ここ数日、我が家の洗濯機と乾燥機は朝早くから夜中まで働きっぱなしですチビタがいるうちに乾燥機の修理をして貰ってヨカッタわぁ~

さて、帰省から戻る前日、娘と相談し厚別のふらのやにスープカレーを食べに行きました。
トリトンと迷ったのですが、回転寿司は空港で函太郎に行くことにしました。
北海道_170311_0142 - コピー
実家近くからバスに乗り、雪の降る中を店の前まで行ったところ、なんと3月中にたった2度しかない店休日ですってネット情報では不定休となっていましたので、確認すべきでしたね~
北海道_170311_0144 北海道_170311_0145
折角来たのでふらのやの隣のロイズでお土産を買い、
スマホで代替店を探しましたが近隣には見つけられません。またバスに乗って新さっぽろまで行こうかとも思いましたが、トリトンまで20分程度で歩けそうなことに気付きました。
スープカレーは空港で食べることにし、雪道をロイズの紙袋をぶら下げ歩きました。寒いのに、じわ~っと汗ばんできた頃やっと到着しました。
北海道_170311_0146
14時を回っているせいか待っている方はなく、そのままカウンターに案内されました。荷物やコートは順番待ち用のベンチシートに置かせてくれました。
お酒を飲む気分じゃなかったので、珍しくお茶で・・。

おすすめ3貫盛りとでっかいボタン海老を2皿ずつと、花咲ガニの鉄砲汁を一つお願いしました。3貫盛りは、活ホッキ、平目昆布締め、やりいか山ワサビ。美味しい~~~
北海道_170311_0147
でっかいボタン海老は一口では食べられない大きさで、味噌の軍艦もついています

北海道_170311_0150 - コピー
これまた新鮮で美味しいですこれはえっちゃんにも食べさせたいね~お持ち帰りにしましょうかね

鉄砲汁は大きなお椀ですね~これでお腹がイッパイになっちゃいそうです。
北海道_170311_0151
北海道ならではのネタも多くて、お皿を受け取るとどれも美味しそうで・・すぐ口に入れちゃうので、気付いたら写真を撮ることをすっかり忘れてました。
2貫の皿はチビタと1貫ずつ分け合って、いろいろ頂きましたのでお腹がイッパイになりました。ネタは大きめシャリは大きすぎずという感じです。回転寿司でよくある寿司ロボットではなく、ちゃんと握ってくれている美味しいお寿司でした。
北海道_170311_0152 北海道_170311_0154
えっちゃん用におすすめ3貫とでっかいボタン海老、トロなどを選び、信翁サンの稲荷と北海道ならではの胡瓜の奈良漬けのお新香巻きを持ち帰り用にお願いすると・・
プラのパックを渡され、お寿司は店内で食べるものと同じ皿で出されました。
自分でパック詰めする方式だそうですこんな方法、初めてです~。説明がないからビックリしちゃいました。ちなみに持ち帰りのでっかいボタン海老は、味噌の軍艦が付いていません。自分で詰めるなら、普通に頼んで持ち帰ればヨカッタわぁ~

新しいお箸を使ってパックに詰めておくと、会計時にオネエサンが持って行ってガリや醤油を入れて包装してくれていました。
レジのところに、持ち帰り用のセット寿司の見本もいろいろありました。その方がお得なのかもしれませんが、えっちゃんの様にタクサンの量を食べられない人や、私の様に好き嫌いのある人には、お好みで1貫ずつのセット物を組み合わせる方がイイですね。

お持ち帰り分も入れて約6000円ですから、相当CP高いですね~

レベルの高い北海道の回転寿司の中でも、おススメ出来るお店だと思います。
・・・あ、お酒を飲まないと、安いんだ・・。我が家の支払いはいつも食≦飲になっちゃうからね~

北海道到着時のテイクアウト寿司がチョピリザンネンでしたので、チビタもえっちゃんも大満足できてメデタシメデタシ


お酒がもう少し充実していればイイのになぁ~っと思うにポチッとお願いします。
   

人気ブログランキングへ  

昨日今日と東京は強風が吹いています。週末に花見散歩をしようと思っていますが、桜がみんな散ってしまうのじゃないかと心配になってしまいます

さてさて、私の帰省中に一度、信翁サンとえっちゃんがきみちゃん夫婦とサトシくんを召集しご馳走してくれます。

場所はつぼ八か、厚別の暖龍のどちらかです。どちらになるかは信翁サンたちの気分次第ですが、今回は、つぼ八の気分だったようです。
いつものようにきみちゃん夫婦が車で迎えに来てくれます。サトシくんとは現地集合です。
北海道_170309_0028 - コピー
掘りごたつの個室に、時間厳守のサトシくんが着いてカンパイです。
これまた毎度のことですが、たっちゃんが運転手で飲めないので、きみちゃん夫婦は怒涛の如く注文を始めます。
北海道_170311_0132
横に長いテーブルで出入り口が2か所にある部屋ですので、
私の方から運ばれた物はかろうじて写真を撮れますが、もう一方から運ばれた物は一瞬にして誰かのお腹に入ってしまいました。
北海道_170311_0141
刺身7品盛り、握り20貫の華、カレイの唐揚げ、キュウリの1本漬け、つぶ焼きなどなど・・みんな好き勝手に頼むから、何が頼まれていたのか全く分かりません。
北海道_170311_0136北海道_170311_0138
刺身や握りはお値段なりにそれなりに・・ですが、つぶ焼きは美味しいですし、カレイもちゃんと骨まで食べられるように揚っていました。
北海道のつぼ八は東京のつぼ八より美味しいと思うのよね~・・気のせいかなぁ~
北海道_170311_0134 - コピー 北海道_170311_0133
かなり混んでいたようですが、バイトのオネエサンもオニイサンも呼べばすぐ来てくれますし、皆さん一生懸命対応をされていました。
家族連れも多く利用されていますし、地元の方々に重宝されているお店ですね
北海道_170309_0091 - コピー 北海道_170309_0034 - コピー
やっぱり皆揃っての食事会は楽しいですね信翁サンもえっちゃんも、まだまだ元気でこれからもご馳走してくださいね~


もじゃたちも来れるとイイと思うにポチッとお願いします。
   

人気ブログランキングへ  

チビタと銀行に行った後、小腹が空いたね~っと立ち寄ってみました。
ドアを開けると思いのほか賑やかです。14時近いのにかなりの席が埋まっていました。
客層は、落ち着いた年齢の女性が殆ど・・お一人だけのオジサマは、いかにもお連れの女性のお付き合いでという感じでした。

実家の夕飯は早いので、軽く済ませるつもりでしたが・・。
14時まではランチメニューで、しっかりと食べるものばかりです。私のように肉を食べない人間には選択肢がありません。
結局、重たいだろ~なっと思いつつ、チビタはお肉、私はお魚のシェフランチセットを頂きました。
飲み物は娘は温かい紅茶、私は・・町村農場牛乳を発見これ美味しいのよね~
なるほど、こちらは町村農場との共同運営なのですね。
北海道_170309_0100
肉はローストポークマスタードソース、魚は赤魚香草オーブン焼きトマトソースでした。
アミューズがチキンのマリネでしたので、私の分の変更が可能か伺うと、シェフに確認しシーフードのマリネに変えてくださいました。
北海道_170309_0098 - コピー 北海道_170309_0098
エビ・イカ・貝柱のシーフードマリネは酸味押さえめで美味しいです。
北海道_170309_0102
パンはスープやソースで召し上がりください。ということで、バターは別料金です。
白菜とベーコンのミルクスープは、チョッピリ入っていたベーコンは残させて頂きましたが、スープ自体は白菜の甘みのあるミルキーな美味しいスープです。
おススメに従いパンをつけてみましたが、パンに浸けるならもう少し濃厚な方がイイですね・・ということで、パンにはソースをつけることにします。
北海道_170309_0104
肉も魚もグリーンサラダ・マカロニサラダ・ブロッコリー・人参の付け合わせは同じです。マカロニサラダはマヨネーズが主張しない私の好きな味
北海道_170309_0105

ここまではイイ感じでしたが、残念なことに肝心の赤魚が硬い身の厚い部分はまだ良いのですが、ハラスと思われる薄い部分はカッチカチでフォークが刺さりません
しかも、ナイフとフォークはオシャレな細身の物で、力を入れると滑ってクルリと回ってしまいます。フォークって、使う時に力がいる前提には作られていないですものね~
トマトソースは少ないですね~パンにつけることをおススメですから、もう少し多くして欲しいです
パンにつける分がなくなっちゃいました
北海道_170309_0109 北海道_170309_0111
デザートのパンナコッタは普通です。
ホットにすればヨカッタかな~と思っているところに運ばれてきた町村農場牛乳は、タップリの量です。やっぱり濃くて美味しい~東京ではなかなか飲めないのですよね~
氷無しなのもイイですね~折角の濃厚牛乳が薄まっちゃいますもんね。

レジ横のデリに美味しそうなポテトサラダがあったので、夜のワイン用に美味しかったシーフードマリネと合わせてテイクアウトしました。
ポテトサラダは100g172円と格安でしたが、ポテトゴロゴロの美味しいものでした。少量ずつでも嫌な顔をされませんでしたので、独身や少人数家族にも使い勝手が良いですね。

他の物は美味しかったので、魚はたまたま焼き過ぎちゃったのかもしれませんね。
私もチビタもお腹イッパイで動くのが苦しい感じ・・内容的にはCPも高いと思います。
カジュアルにオシャレなランチを楽しめますし、打ち合わせや女子会、ママ友お茶会など便利に使えると思います。
野幌にはあまりないタイプのお店ですので、長く続いてほしいものです。


今度はカフェタイムに訪問したいにポチッとお願いします。
   

人気ブログランキングへ  
 

新千歳空港に着きましたが、そのままJRではなく出発ロビーに移動しました。
実家での夕飯用にかま栄の揚げ蒲鉾(北海道じゃてんぷらなんですが)と、お寿司をテイクアウトすることにしていました。
えっちゃんは握り(北海道でいう生寿司です)が好きですが、最近は遠くに出歩くことも大変なようです。だったら美味しい生寿司をお土産にしようと、 新千歳空港で握って貰うことにしました。
花まるの後に出来た函太郎にしようかとも思いましたが、札幌市中央卸売市場直送ということで、期待を込めてこちらにしてみました。
北海道_170311_0120
札幌シーフーズは回転寿司ではなく立ち食い寿司です。海鮮系のお土産屋サンの一角にあります。
バイト風のオネエサンにテイクアウト出来るかと確認すると、テイクアウト用の紙のメニューを見せられました。10貫セットが3種類のみ、1980円、2980円、5700円です。他に箱代が100円ずつかかるそうです。空港価格ということでしょうかね~立ち食いで5700円って・・メチャクチャ強気じゃないですかぁ。
ネタケースをみると、回転寿司のように切り分けたネタが並んでいます。う~~ん・・これでお試しに5700円は冒険だわね~
1980円の札幌と2980円の北海道を1折ずつお願いしました。

10分程掛かるというので、美瑛選果でコーンパンを購入していた娘と合流し、生ものを食べない信翁サン用のお稲荷さんを買って時間潰しです。
さて受け取りに行きましたが、なんとレジ袋のような袋なんですね~
結構イイお値段ですし、せめて紙袋のご用意をお願いしたいですね~だって空港からお持ち帰りっていえば、絶対に乗り物に乗りますからね~

さて、実家で開いてみました。
北海道_170311_0127
お高い方にはうに・かに・ほっき・中トロなどがはいっています。
北海道_170311_0122
お安い方にはとびっこ・たまご・たこ・赤身など。赤酢をお使いのような酢飯です。
ネタは悪くはありませんが、北海道の普通の回転寿司レベルかなという感じでした。北海道で人気の高い回転寿司屋サンは、安くて珍しいネタを揃えていますからね~。冒険しなくてヨカッタわ~



えっちゃんが喜んでくれたので良しとしたにポチッとお願いします。
   

人気ブログランキングへ   

このページのトップヘ